言葉の意味と由来

【教えを乞うの意味!】「乞うと請う」の違いは?【例文で解説】

【教えを乞うの意味!】「乞うと請う」の違いは?【例文で解説】

教えを乞う」とは、情報や知識を教えてほしいと頼むことです。

読み方は、「おしえをこう」です。

似ている言葉に、「教えを請う」と表現される場合があります。 「乞う」と「請う」読み方も発音をいっしょなのですが、漢字の意味はそれぞれ別なのです。

このページでは、「乞う」と「請う」の違いや意味をわかりやすく説明しました!!

ビジネスシーンなどで多用される言葉ですので、違いをハッキリ理解しておくと一生知識として役立つのでぜひ参考にしてくださいね。

教えを乞うの意味

読み方は、「おしえをこう」です。

乞う(こう)は、請う(こう)と表記されることもありますが、どちらも正しいです。 しかし、漢字の意味や使い分けが多少異なってくるので、後ほどわかりやすく違いを説明します。

教えを乞う 意味

【意味】情報や知識を教えてほしいと頼むこと、技能を授けてほしいと希望を述べること

(例)プログラミングでわからない問題があったから会社の先輩に教えを乞う

他人に対して願いを求めること、願い望むという状況でつかわれます。

「教えを乞う」という言葉をメールなどで使うときは、相手に対して、「教えていただけませんか?」とお願いをしていることになります。

これを「ご教授ください」と表現することもあります。

「教えを乞う」と「教えを請う」の違い

「教えを乞う」と「教えを請う」はどちらも、読み方は「おしえをこう」となる。

しかし、「乞う」と「請う」にはそれぞれ漢字としての意味が違います。 比較してみると、このような違いです。

乞う 意味

相手に対して願い求める、願い望むこと

乞うのほうが、ねだる気持ちが強い表現である。

別の言葉にするならば、雨乞い(あまごい)、命乞い(いのちごい)

請う 意味

請うの意味は、許しを願う、許可を願うこと。

「請う」は自分がしたいことの許可を願うシーンで使います。

(例)「上司に◯◯がしたいと請う」

権利を請うという表現であれば、「◯◯をする権利を許可してほしい」という相手に対する許しの願いとなる

シンプルに「乞う」と「請う」の違いを説明するならば、

乞うは、自分がすることの許可を願うこと
請うは、相手にしてほしいことを願うこと

「乞う」と「請う」の違いをしっておけば、ビジネスシーンのメールを打つときに適切な表現をすることができます。

教えや協力をしてもらいたいときは→乞う
承認や許可がほしいときは→請う

小さな違いではありますが、使い分けをすると見る人がみれば、「国語力がある人」というイメージを抱かれるとおもいます。 年配者であればあるほど、この小さな差を理解しているため、思わぬところで評価されるかもしれません。

「乞う」を使った例文

「乞う」を使った例文

それでは、「他人に対して願い求める」という意味を持った「乞う」の例文を紹介します。 例文を読むことで、言葉の意味、違いを理解しやすくなり、記憶に定着するというメリットがあります。

学校の授業でわからないところを家庭教師の先生に教えを乞う知らないことはプライドを捨てて、素直になって押しを乞えば成長できるので良いことづくめである

年下に教えを乞うことができる人間は素直であり、成長に貪欲な素晴らしい人間である

教えを乞うことを恥ずかしいと思っている人はプライドが高くてかっこ悪い

人生の悩みを先輩に打ち明けて、知恵を乞うたら思わぬ素晴らしい解決策を教えてもらえた!!

「教えを乞う」とは非常に前向きで、素直である素晴らしい姿勢です。 上記のようなシーンで使われることが多い言葉なので覚えておいてください!!

私も、プライドを捨て、素直に学ぶ心を大切にしているのでこれからも、わからないことは積極的に教えを乞いつつ、成長していきます(*^^*)

「請う」を使った例文

請うの例文

お次は、「請う」を使った例文を紹介します。 「請う」は、相手に対して許しを願うときにつかわれる言葉です。

はじめての行く場所で迷ってしまい、地元住民に道案内を請う

上司に新しい方法で仕事をするための許可を請う

楽器屋の店主にムリを承知で、憧れのギターを弾かせてもらえないかと許可を請う

部活の顧問に、早朝に部室を使う権利を請う

「相手に許しを願う」という状況で使う言葉なので、非常にあらゆる場面で利用することができます。

「乞う、請う」の類語

類語をいくつかご紹介していきます。

類語、関連ワードをチェックすることによって、言葉の理解をしやすくなり、記憶に定着させやすいというメリットがあります。

請う、乞うの類語

求める、お願いする、ねだる、望む、ご教授、ご教示、指導、鞭撻、教わる、学ぶ、ご指導ご鞭撻、ご指南、

まとめ

いや〜、似ている言葉でしたが意味はちょっとづつ違いましたね!!

個人的には、「教えを乞う」という素直で貪欲な姿勢はどれだけ年齢を重ねても大切にしていきたいなとおもいました!!

ビジネスシーンでのメールや手紙では、しっかりと使い分けができる大人は国語力が高く、「違いのわかる人間」として評価されるかもしれません。

言葉というのは、なんとな〜く知っているよりも、意味や違いなどをハッキリと理解しておいたほうが人生が豊かになります。 物事を見る視点が鍛えられていくので、ただが言葉ですが、されど言葉だといえるでしょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!!