言葉の意味と由来

【足が出る】なぜ足なのか意味を解説!語源や例文もあわせて紹介!

足が出る」とは、赤字になる・予算オーバーをしてしまうという意味があります。

このページでは、「足が出る」という言葉の意味、語源・由来・例文をわかりやすく説明をしています!!

1度覚えてしまえば、あなたが生きている限りずっと役に立つ知識をたったの2分でマスターすることができます♪

ちなみに、「なぜ、足なのか?」という疑問をスッキリ解消することができますよ(^O^)b

足が出るの意味

読み方は、「あしがでる」

足が出る 意味

【意味】予算よりもオーバーしてしまうこと、赤字になること

お金にまつわる問題のときに使われる

(例)今月の生活費は予想よりも足が出て困った

「足が出る」とは、お金の予算オーバーや赤字などの状況でつかわれる言葉なのです! お金の問題といえば、よく「赤が出た」と表現すると、赤字ということ。 「黒が出た」と表現すれば黒字になったということですが、なぜ足なのか気になりますよね

体の一部である「足」がなぜお金と関係をしているのか解説していきます。

「足が出る」の語源・由来

じつは、いくつかの語源があるのですが、その中で最も一般的な説を紹介します。

足が出るの語源・由来

足が出るとは、着物から足が出てしまう。という状態が語源になったといわれる。

ある男は、お金に余裕のないにも関わらず、新しい着物を注文したそうです。

しかし、予算が少ないため自分の体に合った着物を作るためにはお金が不足しています。

この男は、「生地が少なくなってもいいから、この予算で着物を作ってくれ」と呉服屋に頼みました。

その結果、生地が足らずに着物をみにつけたときに、足が大きくはみ出してしまった。

赤字・予算オーバーになることを「足が出る」というのは、この逸話が由来になってると考えられる

昔の日本人は、着物文化でした。 人それぞれ体型も身長も違うため、採寸をはかって着物づくりをします。 しかし、お金がないということは、生地を満足に使うことができない。

予算オーバーの状態で、可能な限り着物を仕立てることになれば、足が出てしまうくらい小さな着物になったしまったという、おもしろい由来があるそうです(笑)

ちなみに着物の一部が語源となっている言葉に、「無い袖は振れない」というものがあります。 別のページでわかりやすく解説しているので、気になったらチェックしてみてください。

【無い袖は振れないの意味!】使い方は?お金と着物に関係している?

「足が出る」という慣用句は、着物が語源となっている説が有力である

「足が出る」の例文

いくつかの例文を紹介します。 例文を読めば、「足が出る」という慣用句をすんなり理解することができます。 ぜひ、参考にしてください。

今月はスマホ決済を使いすぎて足が出ちゃった..

新規の発注見積もりが甘く、足が出てしまったのでゼロから計算をしなおす

ソーシャルゲームにハマりすぎて課金額が膨らみ足が出てしまった。

足が出るくらい旅行でお金を使いすぎたので来月は節約しよう

毎月足が出る生活をしたくないので、副業をはじめることにした

足が出るのは自分が無計画なネットショッピングばかりしているからである

基本的には、お金にまつわる状態で使われるため意味としてはややネガティブなものになります(笑)  ご利用は計画的に・・・とキャッシングCMでよく言われるように、足が出て困ってしまうような生活はしたくないですよね..。

「足が出る」の類語

いくつか類語をご紹介します。 関連のある慣用句や単語をチェックしていくと、言葉の意味を深く理解するのに役立ちます!!

「足が出る」 類語

赤字になる、赤字に転落する、予算オーバー、首が回らない、家計に穴が開く、馬脚を現す、尻尾を出す、火の車、採算ラインを下回る、採算悪化、損害が出る

個人的には、「足が出る」の状態を続けてしまうと、そのうち「首が回らない」という状況になってしまうため、足が出たらいますぐ、計画をしっかり練り直すべきだとおもいました。

首が回らない→お金のやりくりができないこと

私も、ついついAmazonやZOZOTOWNでショッピングをしてしまい、足が出ちゃいそうになるため自戒の念を込めて書いております(笑)

「足が出る」と「手が出る」は意味が全く違う

足が出るという言葉に似ているのが、「手が出る」というもの。

手が出る→暴力をふるう

この2つは意味が全く違うので、使い方を間違えると大変なことになってしまいます(笑)

(例)最近、収入が安定しなくて手が出るようになってしまったよ..

「足」が「手」という表現に変わるだけで、ぞっとするくらい恐ろしい表現になりますよね(*_*) 「手が出る、足が出る、腹が出る」という、体の一部が出てしまう言葉には、あまりポジティブな意味がないため、できれば自分の人生では使いたくない表現ですよね(汗)

まとめ

こうして勉強をしてみると、言葉っておもしろいですよね〜。

ちなみに、お金は「お足」という表現をすることもあります。 理由は、金は天下の回りものとして、いろいろな人や場所を駆け足でめぐることから、お足と呼ぶようです。 

別の意味としては、「自分の財布からお金に足が生えて逃げていってしまう..」という自虐的な使い方をすることもあります(笑)

言葉を知ればしるほど、深くいろいろなことを学べるのですごく為になりますよね! 意味を知っているだけで、豆知識として役に立つのでこれからも知らない言葉は積極的にリサーチしていくと、より人生がおもしろくなりそうです♪

ところで、「大台に乗る」という言葉の意味をごぞんじでしょうか? 実はこのことばもお金にまつわる意味が込められているのです。

くわしくは、「【大台に乗るの意味】使い方と例文をわかりやすく解説しました!」をお読みください(*^^*)b

それでは以上になります。最後までごていねいにお読みいただきありがとうございました!!